名刺の印刷に、活版技術が求められる理由と今後

40年以上前の名刺と言えば、活版印刷が一般的でした。
活版は古くからの技術で、活字と呼ばれる鉛でできた文字を一文字ずつ組み合わせて版を作り印字する技法で、印刷の際にムラができるため、名刺には向いていないように感じるかもしれませんが、これが独特の味わいをかもしだすため、未だにこの技法を求めている方も多く存在します。
しかし、高性能なプリンターの登場や、活字を鋳造するメーカーの減少、技術を持った職人の高齢化などにより、近年は衰退を続けています。
しかし、最近では鉛の代わりに樹脂や亜鉛で版を作り、印字ができる機器が開発されるようになりました。
以前のような伝統的な技術とは多少異なりますが、これにより、ムラのある独特な味わいをかもしだす印字は再現できるようになりましたし、データを取り込むことが可能となったため、文字だけではなくロゴマークやイラストなども印刷できるようになりました。
最近では、海外でも活版印刷は見直されつつあるため、今後日本でも普及する可能性は十分考えられます。